ブラジリアンワックス脱毛をした後、次の毛は何日で生えてくる!?

20180514_beginner17catch

ブラジリアンワックス脱毛は、永久脱毛ではありません。

レーザー脱毛などのように「毛根を死滅させる」処理ではなく、脱毛ワックスの粘着力を利用してムダ毛を「毛根から脱く」処理ですので、しばらくするとまた生えてきます

デリケートゾーンへの不自然な処理がためらわれる方や、永久に毛が生えてこないことに抵抗がある方には、ブラジリアンワックスの「また生やせる」という特徴はメリットでもあります。

では、ブラジリアンワックス後はどのようにして「次の毛」が生えてくるのでしょうか。

 

ブラジリアンワックス脱毛後の「5つの時期」


20180514_beginner17_001

ブラジリアンワックス脱毛をした直後は、皮膚に

  • 赤み
  • 鳥肌状のプツプツ
  • かゆみ
  • 少量の出血

などが現れることが多いです。

脱毛当日は、締め付ける下着・入浴・性行為は避けてください。軽くシャワーを浴びるのは大丈夫です。

これらの肌の変化は、1~2日で治まります。するとツルツル&すべすべの肌を実感することができ、思わず自分で撫でたくなるくらいです。

毛根から脱毛しているので、「完全にツルツル」の状態は二週間ほど続きます(個人差あり)。

「つるつる期」は油分の多いクリームを塗るのは避け、化粧水やアフターワックスジェルで保湿をするのがオススメです。

 

20180514_beginner17_002

二週間ほど経つと、少しずつ次のヘアが生えてきます。

カミソリ処理をした時のように全ての毛が頭をそろえて一度に生えてくるのではなく、成長のスピードの違う毛が順番に生えてきます。カミソリ処理の時に比べると圧倒的に快適な状態で、「次の毛」が生え始めます。

「ゴマつぶ期」には、肌に少しかゆみが出ることがあります。こすらずに、しっかりと保湿をしてください。

またこの時期は、埋没毛を防ぐためスクラブを使ってのケアが大事です。

 

20180514_beginner17_003

一か月ほどで徐々に毛質が落ち着いて、柔らかい芝生のような状態になります。

この時期に埋没毛ができてしまった場合は、スクラブで少しずつこすり、毛の頭を皮膚の外に出してあげます。

毛抜きなどで無理に引き抜かず、ゆっくりとケアしてください。

「次のワックスを早くやりたい!」という人は、この時期に毛の長さが5mm~1cmあれば行うことができます。ただ、抜き残しをしやすいので、自分で脱毛する場合はできれば④の「ふわふわ期」まで待った方が良いでしょう。

 

20180514_beginner17_004

2cmほどまでヘアが伸びると、毛質の変化を感じることができます。

ブラジリアンワックス脱毛を繰り返している人は特に、縮れが解消され、フワフワと柔らかい毛が生えてくることが多いです。

この時期は、次のブラジリアンワックス脱毛をやるのに最も適している時期。ヘアの長さもちょうど良く、セルフ脱毛でも上手にできます。

 

20180514_beginner17_005

3cm以上ヘアが伸びると、成長の遅かった毛も生え揃い、毛量としては元に戻ったような印象になります。

ブラジリアンワックス脱毛を繰り返している人は、この「もじゃもじゃ期」でも毛量が減ったと感じる人も多いですが、次のワックスをセルフで行う場合、毛が長すぎるとワックスが毛に絡んでやりづらい場合があります。もしこの時期に次の脱毛を行う場合は、2cm程度に毛をカットするとやりやすいです。

 

次のヘアが生える時期や長さには個人差アリ!


20180515_001l

これらの「ヘアの生える時期」や「長さ」は目安で、個人差があります。

初めてブラジリアンワックス脱毛をする人と繰り返し行っている人でも違いがありますし、初めての時にはすぐに次の毛が生えてきたが、繰り返しているうちに毛周期が長くなり毛質も柔らかくなってきた、ということも多いです。

自分の好みの長さにヘアを調節できるのが、ブラジリアンワックス脱毛のメリット。快適なアンダーヘアケアを楽しんでくださいね!

 

【関連記事】
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る