驚きの歴史!ブラジリアンワックス脱毛はクレオパトラも行っていた!

kureo

脱毛の歴史はなんと…二万年!


脱毛の歴史はとても古く、脱毛そのものは2万年ほど前からあったと言われています!

脱毛の理由は宗教衛生などが多いですが、現代人の感覚に近い「美容」の側面を持ち合わせていました。

歴史ある「脱毛文化」。その秘密を紐解いてみましょう!

 

最古の脱毛文化


20180201_column13_001

2万年ほど前からあったとされる脱毛文化。

最古の脱毛方法は、鋭い石器や貝殻で削り取るように剃ったと言われおり、その理由は衛生であったと言われています。

美容や宗教目的での「脱毛剤」は、紀元前4〜3世紀の頃から存在していました。

それらは、香料を混ぜた粘り気のあるペースト状の油脂や澱粉を、肌の上に転がして脱毛する方法でした。現代でも、体毛を不浄とする宗教で婚姻の際などにこの方法が用いられています。

また、軽石や火山灰を混ぜた練り物も使用されていたと言われています。

 

古代の脱毛文化とは…


20180201_column13_002

紀元前3世紀頃のシュメール人は、毛抜きを用いて脱毛し、古代アラビア人は縄を体毛の上に転がして脱毛していました。

紀元前300〜100年頃の古代ギリシャの出土品の中には青銅製のピンセットがあり、脱毛に使われていたのではないかと推測されています。

古代ギリシャやローマでも、女性は体毛の除去を行っていました。ギリシャの戯曲『女の平和』には、女性同士が浴場で、話し相手の綺麗に脱毛された下腹部を話題にする描写があります。

 

古代人男性と脱毛


20180201_column13_003

古代の成人男性は、一般的に髭を生やしているものと考えられていました。

しかしローマではやがて男性も髭を剃るようになり、さらには体毛を除去する男性も現れるようになりました。

セネカが「浴場では体毛を抜く時に上げるうめき声が聞こえてうるさい」と記していることから、紀元1世紀頃のローマの公衆浴場では脱毛がひんぱんに見られる光景だったと考えられます。

このような顔を初めとして体毛を除去する行為は、高貴な地位を表すステータスシンボルとされていったと言われています。

 

クレオパトラが行っていた「ブラジリアンワックス脱毛」


201612beginner01

クレオパトラ7世を初めとするプトレマイオス朝の埋葬品の中からも、青銅製のかみそりが出土しています。

さらに、砂糖と蜂蜜を練ったものを脱毛に使用していました。これは現在の「ブラジリアンワックス脱毛」に使用する脱毛ワックスと同じです。

ブラジリアンワックス脱毛は、伝説の美女・クレオパトラも行っていた、歴史ある脱毛方法だったのです。

 

【関連記事】
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【ブラジリアンワックス】意識高い系女子の新常識になっているワケ
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る