セルフのワックス脱毛が上手にできない原因 ③皮膚がしっかり張れていない

skin
皮膚も一緒に引っぱられている!?

特にVIOの肌は柔らかく、脱毛時にワックスと密着したヘアと一緒に皮膚が引っぱられてしまいます。
しっかりと皮膚を押さえておかないと、脱毛が上手にできないばかりか、痛みの原因に。
脱毛箇所の肌をピンと張り、皮膚が付いてこないようにすることが大切です。

片方の手で皮膚を押さえましょう

ワックスがヘアをキャッチする力はとても強く、柔らかい皮膚は一緒に引っ張られてしまいます。

push001

特にVIOを脱毛する際は、ストリップス(紙)を持っていない手でしっかりと脱毛箇所を押さえます。
その際、剥がす方向と逆方向に軽く引っ張るようにするとより効果的です。

push002

こうすることで、皮膚ごとワックスに引っ張られることがなくなり、上手に脱毛できます。
ストリップスを剥がす際は、しっかりと皮膚を押さえて勢いよく剥がすことがポイントです。

▼こちらの動画でも、失敗しないためのポイントをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る