【ブラジリアンワックス】「塗る時に痛い!」を解消する2つのテクニック

technique09_catch

「ワックスを塗る時に痛い!」


セルフのブラジリアンワックスは、自分で好きな時に自宅で脱毛できるので、手軽でリーズナブル。

一方で、はじめは少し練習をして、コツを覚える必要があります。

「上手にできない!」という声の中で、最も多いのが以下のようなもの。

●「スパチュラでワックスを塗る時、周りの毛に絡んで痛いです。」

●「ワックスを塗る時にうまく伸びず、塗るだけで痛いです。」

ブラジリアンワックスの「塗る時に痛い」問題を解消するには、どうしたら良いのでしょうか。

 

「ワックスを塗る時に痛い!」の原因 ①毛に絡んでいる


VIOのワックス脱毛(=ブラジリアンワックス)の際は、ワックスを1cm×1cm程度の小さな範囲に塗り、少しずつ脱毛することがポイントです。

しかし、アンダーヘアは毛が密集しており、毛の先端や、狙った部分以外の毛にまでワックスが絡んでしまうことがあります。

毛の先端にワックスが付着してしまうと、引っ張られて痛いだけで抜けません。毛をかき分けて、狙った部分の毛の根元にワックスを塗ることが大切です。この時、毛の先端やほかの毛にワックスが付着しないよう、「狙った毛の根元を露出させつつ、毛の先端やほかの毛をカバーする」ようなイメージで空いている手を使うことがポイントです。

201703technique09_002

「ワックスを塗る時に痛い!」の原因 ②ワックスが固すぎる


脱毛ワックスは「少し固め」が粘着力が増して毛が抜けやすいですが、あまり固すぎると、塗る時に塗りづらく、肌が引っ張られて痛いことがあります。

特に冬に寒い部屋に置いておいたりすると、ワックスは固まってしまいます。その場合には、湯煎をしたり、ホットカーペットの上に置いておくなどして、ワックスを少し温めましょう。湯煎の際には、容器の中に水が入らないように注意してください。

電子レンジを使う方法もありますが、熱くなりすぎる可能性があるのでおススメしません。どうしても電子レンジを使いたい場合は、必ず容器のふたを外し、数秒ずつ温めてください。ワックスを肌に塗る前には、必ず容器の奥からよくかき混ぜて、温度を確認してくださいね。

201703technique09_001

 

「少しずつ」の脱毛が成功の近道!


デリケートゾーンは毛が密集しているうえ、毛根も太いです。

これらの二つのポイントをおさえ、焦らずにゆっくりと脱毛を行うことが、成功への近道です!

 

【関連記事】

【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【ブラジリアンワックス】意識高い系女子の新常識になっているワケ
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
ブラジリアンワックスが気になる時、まず初めにするべき事とは?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る