【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因

mizugi002

セルフのブラジリアンワックス脱毛は…難しい!?


ブラジリアンワックス脱毛のメリットは、何と言っても自宅で手軽にセルフ脱毛ができる点。レーザー脱毛のように毛が抜け落ちるのを待つ必要がなく、その場ですぐに毛根からスッポリと毛を抜き去り、つるつるのお肌を手に入れられます。

しかし…セルフでブラジリアンワックスができるようになるためには少しコツが必要。実際に、「ブラジリアンワックスが上手にできない(泣)!」と自宅で悲鳴を上げている人が多くいるようです…!

でも、あきらめないで!
セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできないのは…7つの原因があります!

この7つのポイントをしっかりとおさえれば、自宅でキレイにブラジリアンワックスができるようになるのです!

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その① ―ワックスの固さ―


脱毛ワックスはハチミツを主成分としているため、保存の状況によって固さが変化します。

ワックスが冷えると固くなり、温まると柔らかくなります。
katasa

脱毛ワックスのブランドによっても最適な固さは違いますが、アンジェリカワックスの場合、スパチュラを使ってワックスをすくい上げる時に、少し手ごたえがある程度…「少し固め」がベスト。

よく「脱毛ワックスは使用前にレンジでチンする」という情報を耳にしますが、そうすると柔らかくなりすぎる可能性が。上手に脱毛できない人の多くが、ゆるすぎるワックスを使っています。

固さの目安は、屋台などで売っている「水あめ」の固さをイメージすると良いかもしれません。

mizuame

脱毛の際は、ワックスがしっかりとヘアをキャッチできる固さに調整しましょう。

ゆるすぎる場合は、容器の下に保冷剤を敷いたり、冷蔵庫に入れたりしてみましょう。
逆に固すぎる場合は、ホットカーペットの上に置いておくなどして調整します。繰り返しになりますが、レンジでチンするのはワックスが熱くなりすぎる危険があり、あまりオススメしません。

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その② ―剥がす勢い&向き―


セルフのブラジリアンワックス脱毛をする時に、「痛いかも…!」と怖がっていませんか?

ワックス脱毛は、剥がす時の勢いが大切!

hagasu002

また、ストリップスは皮膚と平行の方向に滑らせるように剥がします。
皮膚から離れる方向(垂直方向)へ剥がしてはいけません。

 

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その③ ―皮膚がしっかりと張れていない―


ストリップスを剥がすときには、脱毛箇所の皮膚をピーンとしっかり張ることがポイント。

ストリップスを持っていないほうの手で、ストリップスを剥がす方向とは逆方向に皮膚をぎゅっと引っぱっておきましょう。

hipparareru

osaeru

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その④ ―脱毛箇所が濡れている―


脱毛前にシャワーを浴びたり、脱毛中に汗をかいたりしていませんか。脱毛箇所が濡れていると、ワックスが滑ってしまいヘアをキャッチすることができません。脱毛箇所は、完全に乾いている事が大切です!

また、ボディークリームや汚れが付いているのもNG!脱毛前は脱毛箇所をしっかりと洗ったのち、しっかりと乾かしてから脱毛をはじめましょう。

オススメなのが、ベビーパウダー。脱毛箇所にポンポンと薄く塗ると、余計な水分を吸ってくれます。
powder

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その⑤ ―一度に広範囲を脱毛しようとしている―


「ブラジリアンワックス脱毛って、あそこの毛を一気にビリッと抜くものでしょ!?」というイメージが先行してか、一度に広範囲を脱毛しようとする方が多いようです。

一度に広範囲を脱毛することは、脱毛がキレイにできないだけではなく、毛穴や皮膚のトラブル、脱毛時の痛みに繋がってしまいます。

ワックス脱毛は、横幅1cm×縦幅3cm以下の範囲にワックスを塗り、少しずつ脱毛しなければなりません。

初心者の方は、1cm四方程度の小さな範囲にワックスを塗り、「2~3本抜ければ良いかな」という気持ちで焦らず少しずつ行いましょう。

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その⑥ ―ヘアが長すぎる or 短すぎる―


ブラジリアンワックスは、基本的に「未処理」の状態で始めます。レーザー脱毛は脱毛前にカミソリでヘアを処理してから行いますが、ワックス脱毛は違います。

ヘアが短すぎると、ワックスがヘアをキャッチすることができません。ワックス脱毛は、「伸ばしっ放し」の状態で始めるのが原則です。ヘアの長さが足りない場合は、1cm程度までは伸ばす必要があります。

201708_column_002

一方で、ヘアが長すぎると、ワックスを塗る時に絡むことがあります。この時にブチブチとヘアが抜けて地味に痛いのが、「ブラジリアンワックスあるある」のひとつです。特に初めてアンダーヘアを処理する場合、ヘアが長く伸びていて、セルフ脱毛をするには長すぎる場合があります。

ヘアが長い場合は、2㎝程度にカットしてから脱毛を行うと、ワックスが塗りやすく処理しやすくなります。アンダーヘアのワックス脱毛(ブラジリアンワックス)をする場合、ヘアの長さの目安は、「親指の第一関節程度」。長すぎず短すぎず、ちょうどいいヘアの長さで脱毛することが、上手なワックス脱毛のコツです。

 

ブラジリアンワックス脱毛が上手にできない原因その⑥ ―体勢が良くない―


一生懸命に脱毛しようとして前かがみになっていませんか。あまり前かがみになると脱毛箇所の皮膚がたるんで、上手に脱毛でません。

セルフのワックス脱毛では、体勢も大きなポイントです。脱毛箇所の皮膚をしっかり張るために、ストリップスを剥がす手と反対の手でしっかり肌を抑える必要がありますが、手だけで皮膚を抑えるのは少し難しいことがあります。そんな時は、体勢を変えることがポイントです。

●Vラインの脱毛

脱毛箇所をよく見ようとして前かがみになると、そのぶん皮膚が寄ってしまいます。
背中を伸ばして、脱毛箇所の皮膚が張るように気をつけます。

●Iラインの脱毛

Iラインは特に皮膚がたるみやすい部分。椅子に片足を乗せたり、鏡を前方において足を大きく開く体勢がオススメです。

●Oラインの脱毛

Oラインは、皮膚は強いですがヘアの向きが確認しづらい場所です。座位でも良いですし、鏡をまたぐような姿勢でもOKです。ヘアの向きがまばらななので、一方向で脱毛できなかったら次は逆方向から脱毛してみましょう。先にストリップスにワックスを塗り、「ワックスシート」を作ってしまうのもオススメです。

 

ワックスを選ぶときは、サポート体制が充実しているブランドがおススメ!


セルフでのブラジリアンワックスは、どうしても「上手にできるか不安…」と思ってしまうもの。脱毛ワックスを選ぶときは、購入後のサポートが充実しているところを選びましょう!

おススメなのが、ブラジリアンワックス脱毛の老舗「ANGELICA」。

 

◆【ANGELICAおススメの理由①】男女別の詳細な説明書!

通販で購入できるANGELICAの脱毛ワックスには、男女別の詳細な説明書が付いています!イラスト付きの分かりやすい説明書ですので、まずはこれを読んでみてください!

 

◆【ANGELICAおススメの理由②】動画でのサポート!

ANGELICAでは、ブラジリアンワックスの基本的な使い方から、VIOの詳細な脱毛方法などが紹介されています!

☆ブラジリアンワックス脱毛専門チャンネル【アンジェリカ運営】
https://www.youtube.com/channel/UCuexnTVbpo1VvWf62AmkC5Q

 

◆【ANGELICAおススメの理由③】24時間体制のLINEサポート!

ANGELICAでは、LINEにて24時間体制でサポートを行っています!

【ID】angelica.support

ワックスを購入した人はもちろん、これから購入しようと思っている人も、気軽に質問することができます!

support_line

※サポートのお返事・スタンププレゼントともに自動ではなく、手動です。24時間以内に返信いたしますので、ご連絡後はしばらくお待ちくださいませ。

 

上手にできない場合は、サロンへGO!


20171212_beginner13_003

「どうしても自分で上手にできない」いう方は、サロンへGO!「最初はサロンで、ブラジリアンワックスがどんなものか知りたい!」というのも賢い選択です。プロのスタッフに相談して、不安を解消しながら丁寧に施術をしてもいましょう!

【ブラジリアンワックス脱毛】失敗しないサロン選び[10の条件]

 

【関連記事】
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【ブラジリアンワックス】意識高い系女子の新常識になっているワケ
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
ブラジリアンワックスが気になる時、まず初めにするべき事とは?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る