ブラジリアンワックスの専門サロン 東京/渋谷・池袋



⑥ブラジリアンワックスのトラブルを解消!

 

ブラジリアンワックス脱毛を行うと、直後に脱毛箇所が赤くなったり、かゆくなったりすることがあります。

これって肌トラブル!?と慌ててしまうかもしれません。

 

 

■ブラジリアンワックス脱毛後の赤みは…

 

ほのかに熱をもって赤くなっているのは、異常ではありません。

脱毛時に肌に刺激を与えたことによる赤みですので、「濡れタオルをそっと当てる冷たい化粧水を優しく塗る」などのケアを行いましょう。

脱毛後2~3日で、赤みは引きます。

赤みが引くと、つるつるのお肌をさらに実感することができます!

 

 

■ブラジリアンワックス脱毛後のかゆみは…

 

軽いかゆみも、異常ではありません。

こちらも、脱毛時に肌に刺激を加えたことによるかゆみです。

上記のクールダウンや保湿を行い、さらに赤みが引いたころからはスクラブを使って毛穴のケアをすることも大切です。

 

 

セルフで脱毛した場合も、サロンで脱毛した場合も、多少の赤みやかゆみは出ることがあります。

基本的に心配はいりませんが、ひどく腫れてしまったり強いかゆみがおさまらない場合は、脱毛がお肌に合っていない場合がございます。皮膚科へ相談されることをお勧めいたします。

 

tuhan_banner.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

セルフのワックス脱毛をするときに、一生懸命に脱毛しようとして前かがみになったりしていませんか。

 

じつは、体勢も大きなポイントなんです。

 

皮膚がたるんでいると脱毛しづらいことは以前述べましたが、手だけで皮膚を抑えるのは少し難しいことがあります。

 

そんな時は、体勢を変えることがポイント。

 

 

■Vラインの脱毛は、前かがみに注意!

 

脱毛箇所をよく見ようとして、前かがみになると、そのぶん皮膚が寄ってしまいます。

 

そのまま脱毛をしようとすると、ヘアと一緒に皮膚が引っ張られて上手に脱毛できません。

 

背中をぴんと伸ばして、脱毛箇所の皮膚が張るように気をつけます。

 

もちろん、スパチュラ(木のへら)を持っていない方の手で皮膚をしっかり押さえることも忘れずに。

 

 

■Iラインの脱毛は、足の位置を変えて!

 

Iラインは特に皮膚がたるみやすい部分。

 

椅子に片足を乗せたり、鏡を前方において足を大きく開く体勢がオススメです。

 

 

■鏡を上手に使いましょう!

 

皮膚がしっかり張れているかどうか、特にIラインなどは目視できません。

 

を使って、きちんと皮膚が張れているか確認しながら、ゆっくりと落ち着いて脱毛を行いましょう!

 

tuhan_banner.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

ワックス脱毛は、顔以外は体のどの部分も脱毛できます

 

しかし、脱毛箇所によってヘアの長さは違います。

 

特に、アンダーヘアは放置するとモジャモジャと長く伸びるものです。

 

 

■ヘアが長すぎませんか!?

 

初めてアンダーヘアを処理する場合、セルフ脱毛をするには長すぎる場合があります。

 

ヘアが長すぎると、ワックスを塗る際に絡んだりして上手に脱毛できないことも!

 

ヘアが長い場合は、2㎝程度にカットしてから脱毛を行うと、ワックスが塗りやすく処理しやすくなります。

 

 

■短すぎてもNG!

 

一方で、短すぎる場合も上手に脱毛できません。ヘアの長さが足りない場合は、1cm程度までは伸ばす必要があります。

 

アンダーヘアをワックス脱毛する場合、ヘアの長さの目安は、「親指の第一関節程度」。

長すぎず短すぎず、ちょうどいいヘアの長さで脱毛することが、上手なワックス脱毛のコツです。

 

salon_20140226.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

ワックス脱毛関連の動画サイトで、一度に広範囲にワックスを塗って脱毛している人を見かけます。

 

しかし、このやり方はNG

 

ワックス脱毛は、横幅1cm×縦幅3cm以下の範囲にワックスを塗り、少しずつ脱毛しなければなりません。

 

初心者の方は、1cm四方程度の小さな範囲にワックスを塗り、「2~3本抜ければ良いかな」という気持ちで少しずつ行いましょう。

 

一度に広範囲に塗って剥がすことは、脱毛がキレイにできないばかりか、毛穴や皮膚のトラブルに繋がってしまいます。

 ng.jpg

angelica_ok.jpg

 

初めからたくさん脱毛しようとせずに、ゆっくり行うことが大切です。

 

「上手に脱毛できる自信がないな…」と不安な方は、ぜひ一度サロンにお越しください。

プロのスタッフが、丁寧に施術をいたします。

 

salon_20140226.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

ブラジリアンワックス脱毛で重要なのは、アフターケア

 

脱毛直後は毛穴が開いているので炎症を起こしやすい状態です。

 

特に夏場の蒸れや汗、冬場の乾燥はトラブルの原因に!

 

 

■毛穴を引き締めよう!

 

まず大事なのは、開いた毛穴をキュッと引き締めること。

 

冷たいタオルを当てたり、化粧水を塗ったりして肌を鎮静させましょう。

 

ゴシゴシとこすったりせず、優しくケアすることが大事です。

 

 

■保湿をしよう!

 

脱毛後は、毎日しっかりと保湿をしましょう。豆乳成分の含まれた化粧水など、抑毛効果のあるものが特にオススメ。

 

一方、油分の多いボディクリームなどは、かえって毛穴を詰まらせてしまうこともあるので注意!

 

ボディクリームは、毛穴がしっかりと締まってから使いましょう。

 

tuhan_banner.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

セルフのワックス脱毛が上手にできない原因のひとつは、「肌が濡れている」「肌にクリームや汚れが付いている」ということ。

shower.png

 

■ボディクリームは落としましょう

 

肌にボディクリームなどが付いていると上手に脱毛できません。

脱毛前にはシャワーを浴びたり、濡れたタオルでクリームを落とすなどしましょう。

 

■しっかりと肌を乾かしましょう

 

脱毛前にボディークリームや汚れを落とした際は、きちんとタオルで拭いて肌を乾かすことが大切です。

肌に水分が残っていると、ワックスが毛をキャッチできず滑ってしまいます

 

脱毛途中でも、肌を冷やしたり残ったワックスを取り除くために濡れタオルを使うことがあると思います。

そうした際にも、きちんと肌を乾かしてから脱毛を再開します。

 

■汗をかかないようにしましょう

 

夏場は特に、汗をかきやすい季節。

一生懸命脱毛していると、知らず知らずのうちに汗をかいて肌が湿ってしまいます。

扇風機クーラーなどを上手に使って、汗が出ないようにしましょう

 

■パウダーを使ってみましょう

 

脱毛箇所に薄くパウダーをつけると、水分を吸って脱毛しやすくなります。

市販のベビーパウダーでかまいませんので、ぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

 

さて、原因②で、「勢いよくストリップスを剥がしましょう」とお話ししましたが、特にVIOの場合脱毛部分の肌が柔らかく、せっかく勢いよく剥がしても皮膚も一緒に引っ張られてきてしまいます

 

脱毛箇所の肌をピンと張ることで、上手に脱毛することができます。

 

 

 

■肌をピンと張る方法…片方の手で皮膚を押さえる

 

ワックスがヘアをキャッチする力はとても強く、柔らかい皮膚は一緒に引っ張られてしまいます。

 

20140603hipparare.jpg

 

特にVIOを脱毛する際は、ストリップス(紙)を持っていない手でしっかりと脱毛箇所を押さえます。

その際、剥がす方向と逆方向に軽く引っ張るようにするとより効果的です。

 

 

20140603osaeru.jpg

 

こうすることで、皮膚ごとワックスに引っ張られることがなくなり、上手に脱毛できます。

 

ストリップスを剥がす際は、しっかりと皮膚を押さえて勢いよく剥がすことがポイントです。

 

 

salon_20140226.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 ▲セルフ脱毛がご不安な方は、ぜひサロンへお越しください。

 プロのスタッフが施術をさせていただきます。

 

 

 

ブラジリアンワックス脱毛と聞くと、「痛そう」というイメージを持たれる方がいらっしゃいます。

 

実際は、正しいやり方で慌てずゆっくり行えば痛みなくできるのですが、「失敗して痛かった」という噂が先行して広まってしまっているようなのです。

 

そんな先入観を持っていると、いざセルフでブラジリアンワックス脱毛をする時に、怖がって勢いよくストリップス(不織布)を剥がすことができません

 

しかし、これがセルフ脱毛失敗の原因の一つになってしまうのです。

 

 

 

◆ストリップス(不織布)を剥がすときは勢いよく!

 

ストリップスを剥がすときには、怖がらずに一気に剥がしましょう

 

勢いが足りないと、かえって痛みが増したり、抜けなかったりします。

 

セルフ脱毛が初めての場合は、「まずは2~3本抜ければOK」と気楽に構えて、どれくらいの勢いで剥がせば上手に抜けるのか、研究してみてくださいネ。

 

 

 

◆ストリップスは、肌と平行に剥がしましょう!

 

ストリップスを勢いよく剥がすことができても、剥がす方向が正しくないと上手に脱毛することができません。

 

ストリップスは、肌に添わせるように、肌と平行に剥がします

 

垂直方向(脱毛箇所から離れる方向)に引っ張ってはいけません。

 

 

 

まずは、脚や腕などやり易い部位で練習をして、慌てずに行うのが上手にセルフ脱毛を行うコツです♪

 

salon_20140226.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 ▲まずはサロンでプロのスタッフに施術してもらうのもオススメです!

 

 

 

 

自宅でセルフ脱毛できるのが、ワックス脱毛のよいところ。

しかし時々、「上手にできない!」という声も耳にします。

 

ワックス脱毛の特徴をしっかりおさえれば、いつでも自宅で脱毛ができてとても便利!

ワックス脱毛が上手にできない原因はいくつかありますが、その一つがワックスの固さです。

 

 

◆ワックス脱毛が上手にできない原因①ワックスの固さ

 

脱毛に使用するワックスは、ハチミツがベースになっているため、固さが保存環境に大きく左右されます。

特にアンジェリカワックスは、すべて天然素材で添加物が入っていないので、少しの環境の変化で固さが変わります。(もちろん、品質に変化はありません)

 

暑ければ…ゆるくなります。

寒ければ…固くなります。

 

暑い時期でも、部屋の温度が低ければ固くなりますし、寒い時期でも、ストーブの前に置いておくとゆるくなります。

 

また、寒い時期にホットカーペットの上で脱毛をしていると、最初は適切な固さだったのに、カーペットの熱でワックスがゆるくなったりもします。

 

保存環境に応じて、適切な固さにしてから使用することがポイントです。

 

では、どんな固さが適切なのでしょうか。

こちらをご覧ください。

 

a2F0YXNhd6k.jpg

 

「はちみつがしたたる」というより、「ビヨ~ンと伸びている」…固めの印象です。

ワックスは、スパチュラ(木のヘラ)ですくったときに、「ちょっと固いな…ヨイショ…」と手ごたえがあるくらいが良いです。

 

 

固めだけど、スパチュラですくえる&肌に塗れる

くらいが、ワックスがヘアをしっかりとキャッチしてくれます。

 

 

温かい場所に置いていてワックスがゆるくなってしまった場合は、しばらく涼しいところに置くなどしてワックスを固めましょう。プーさんが好きそうな固さだと、ゆるすぎです。

 

cG_fUA.jpg

 

逆に固すぎる場合は、カーペットの上に置いたり、容器の上からホッカイロを当ててみたりしましょう。

 

tuhan_banner.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

ブラジリアンワックス脱毛をしてから数週間が経過し、次のヘアが生え始めるころ、皮膚の下にクルクルと毛が埋まってしまうことがあります。

 

これが、ブラジリアンワックス脱毛の代表的なトラブルである、埋没毛です。

 

 

 

◆埋没毛って何?

 

ブラジリアンワックス脱毛をするとき、アフターケアで特に気をつけたいのがこの埋没毛。

 

脱毛後、次に生えてくる毛が皮膚の外に出ることができず、毛穴の中で渦巻き状に伸びてしまうことです。

成長した毛が皮膚の下に透けて見え、その部分がぷくりと膨らみます。

 

痛みはありませんがあまり見栄えが良くなく、毛膿炎などを引き起こす可能性もあります。

 

 

 

◆埋没毛を防ぐには!?

―【脱毛翌日から】保湿― 

 

脱毛後に、まずはしっかりと保湿をしましょう。

施術日翌日から始めて、毛が生え始めても続けます。

 

ワックス脱毛では、古い角質が取れてお肌がワントーン明るくなるというメリットがありますが、角質を取ることでお肌が乾燥しやすくなる、とも言えます。

乾燥によって皮膚が硬くなると、埋没毛になりやすくなってしまいます。

お使いのケア用品で構いませんので、しっかりと保湿をしましょう。

 

 

 

 

◆埋没毛を防ぐには!?

【脱毛後一週間から】スクラブを使ったケア―

 

 

脱毛してから一週間後くらいから、スクラブでケアをしましょう。 

 

スクラブは、薬局などで売っている通常のボディ用のものでも良いですし、アンジェリカワックスからスクラブを作ることもできます!アンジェリカワックスを小分けにし、グラニュー糖を入れて練るとシュガースクラブが出来上がります。

 

脱毛直後は肌が敏感になっているので、脱毛直後に行うのはNG!必ず一週間程度経って肌が落ち着いてから、お風呂などで行います。 

 

頻度は、週一回~二回

やりすぎると肌が乾燥してしまうので、注意が必要です。

スクラブをした後も、しっかり保湿をしましょう。

 

 

 

◆埋没毛ができてしまったら!?

 

脱毛をしてから三週間…ふと気付いて見ると、皮膚の下に黒くクルクルと毛が埋まり…ぷっくりと腫れている…ちょっとスクラブをサボっているうちに、埋没毛ができてしまいました(泣)!

 

でも、もし埋没毛になってしまっても大丈夫。 

 

お風呂に入った時に、スクラブで患部をこすりましょう。予防のために使っていたものより、少し粒が大きなものを使うと良いかもしれません。

 

早く毛を外に出そうと急ぐ気持ちも分かりますが、強くこすりすぎると皮膚を傷めてしまいます。必ず治りますので、焦らずゆっくり毛を外に出してあげましょう。 

 

毛の先端が外に出てきたら、毛抜きを使って抜いてあげます。ここで毛が切れてしまったりすると元の木阿弥ですので、そっと慎重に抜いてあげましょう。

 

fb_banner20140226.jpg

 

 

 

ブラジリアンワックス脱毛にはたくさんのメリットがありますが、他の脱毛方法とは違った特徴がいくつかあります。

これらの特徴をきちんと押さえて、トラブルを回避し、つるつるのお肌を目指しましょう!

 

 

1、毛を伸ばさないと処理できない?

 

ブラジリアンワックス脱毛は、毛の長さが1cm(人差し指の第一関節くらいまでの長さ)ないと処理することができません。

ワックスがヘアをキャッチできないためです。

 

アンダーヘアは普段隠れているので伸ばすことができますが、脇や脚などは季節によっては伸ばしづらいことがあるかもしれませんね。

 

 

2、ヘアがまた生えてくる?

 

ブラジリアンワックス脱毛は、毛根からすっぽりと毛を抜くことができます

しかし、毛根の機能を殺す処理ではないため、しばらくするとまた毛が生えてきます

 

逆にいえば、アンダーヘアなどは「好きな時に生やし好きな時に脱毛することができる」ということですネ。

また、ブラジリアンワックスを繰り返すことで、個人差はありますが、ヘアが柔らかくなる人やほとんど生えてこなくなる人もいます。

 

 

3、人によって痛みを伴う事がある?

 

ブラジリアンワックスは、「痛い」という先入観が一般的に出回っているように思います。

もちろん個人差はありますが、毛を毛根から抜くため、多少の痛みを伴う事があるかもしれません。

 

しかし、サロンでの施術の場合はベテランのスタッフが痛みを軽減する方法で脱毛をしますし、セルフでの脱毛のときもやり方を間違えなければ激しい痛みを伴うことはほぼありません。

 

VIOの脱毛の痛みは一瞬で、耐え難い痛みではありませんし、他の部位(背中や手足など)は、「気持ちいい」と感じることもあるくらいです。

安心してブラジリアンワックス脱毛にチャレンジしてみてくださいね。

 

salon_20140226.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

1

渋谷店


03-6427-8504

ご予約受付時間:12:00~20:00

【WEBからご予約の場合】



ご予約受付時間:24時間ご予約を受付けております。
池袋店


03-6912-5105

ご予約受付時間:12:00~20:00

【WEBからご予約の場合】



ご予約受付時間:24時間ご予約を受付けております。
ブラジリアンワックスなら専門サロン -アンジェリカ- 東京/渋谷・池袋