【ANGELICA】モノづくりの考え方と製品開発へのこだわり

20181102_release17_catch

私たちの製品開発は、「流行」とは無縁です。

流行している商品を模倣する開発ではなく、お客様に心から届けたいものだけを作っています。

ANGELICAは流行に左右されず、「本当に良い製品を作る」ことをモノづくりの原点にし、誇りを持ってお客様に勧められる製品を販売しています。

 

ANGELICAがこだわる「良い製品」とは

20181102_release17_003

①人の手や目が常に製品に注がれていること

ANGELICAの脱毛ワックスは、「手作り」にこだわっています。

安く大量に作るには、「安い材料を機械で混ぜ、機械で梱包する」のが最も手軽でしょう。

しかしANGELICAの脱毛ワックスは、たとえ大量生産ができなくとも、手作りを徹底しています。

  • 加熱時間や温度管理
  • 材料を混ぜる順番・タイミング・混ぜ方
  • 配合

といった項目を繰り返し研究しました。まるで高級デザートを作るような繊細な作業が、人の手によって行われています。

 

緻密な配合・手順により完成したワックスは、機械製造とは全く違う製品になります。

  • 毛への絡みやすさ
  • べたつかない肌離れの良さ
  • 抜けやすさ

といった機能性はもちろん、

  • 甘く上品な香り
  • 美しく輝く琥珀色

といった、化粧品として洗練された個性も生まれます。

 

「手作り」による品質の不安定さを防ぐため、品質の微細な特徴を把握している製造スタッフによる厳重なチェックが行われます。

さらにこのワックスはANGELICAサロンでも使用され、スタッフにより品質が常にチェックされています。

 

②安心して使えるものであること

体の中で最もデリケートな部位に使うものなので、何にも増して「安心して使えること」が必要だと考えます。

ANGELICAにとって「安心である」とは、以下の三項目を指します。

  • 厳選された素材であること
  • 信頼できる国内メーカーと取引すること
  • 不要な添加物を使用しないこと

中でもメイン製品の脱毛ワックスは、「食べられるほど安全」です。長野県須坂市にある鈴木養蜂場の「信州産百果ハチミツ」を使用しており、水と空気がおいしい長野から出来立てをお届けしています。ぜひ一度、舌に乗せてみてほしいです。

 

③環境を考えた製品開発をすること

ANGELICAは、自然環境に配慮したモノづくりをしています。

海洋汚染につながるマイクロプラスチックビーズの不使用や、減少が報告されている二ホンミツバチの保護など、製品開発を通して環境問題に取り組みます。

 

流行に左右されず、信念を貫く商品開発を

脱毛ワックスは日本において流行の一つのピークを迎え、多くのブランドが立ち上がりました。その中には、ハチミツを含まず水アメを着色しただけのものさえ出回っています。

日本にまだ「ブラジリアンワックス」という言葉が知られていなかったころから、脱毛ワックスを世に広めたいと願っていたANGELICA。私たちは流行に左右されることなく、「本当に良い製品」だけをお客様にお勧めできるよう日々研究・開発をしています。

 

20181102plastic_banner

20181102salon_banner

 

【関連記事】

20190626_basic_banner20190626_v_banner20190626_i_banner20190626_0_banner
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【埋没毛】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る