ブラジリアンワックス脱毛の「激痛」を減らす7つのテクニック

angelica_beginner26_catch

「ブラジリアンワックス脱毛は痛い!」と言われますが、たしかに無痛というわけにはいきません。

しかし、7つの裏技を使えば、ブラジリアンワックス脱毛時の痛みを軽減することができます。

上手に脱毛できるようになると、自分で好きな時にツルツルの肌を手に入れることができますし、サロン脱毛に比べてとてもリーズナブルです。

 

1、毛をちょうどいい長さに切る

レーザー脱毛等は毛を剃った状態で行いますが、ブラジリアンワックス脱毛は毛を伸ばした状態で行います。

毛の長さは、最短でも1センチ必要です。

最も適切な長さは、「親指の第一関節程度」の長さ。過去に毛を処理したことがあって毛が短い場合は、伸ばしてから行う必要があります。

一方で、長すぎてもやりづらいです。特にVIOは、3センチを超えて伸びることも多いです。毛が長すぎると、余分な毛がワックスに絡んでしまい脱毛しづらいです。

毛が長すぎる場合は、2~3センチくらいにカットしてから行いましょう。

20180912_angelica_beginner26_001

 

2、毛穴を緩める

寒さなどで毛穴が引き締まっていると、ブラジリアンワックスで毛を抜くときに毛穴に強い刺激が加わってしまいます。

湯舟などで軽く体を温めると、毛穴がゆるまり脱毛しやすくなります。

一方で、温めすぎもNG。皮膚がふやけてしまうと、シートを剥がすときに皮膚にダメージを与えてしまいます。あくまでも、毛穴を少しゆるめる程度にしておきましょう。

20180912_angelica_beginner26_002

 

3、毛の根元からワックスを塗る

ワックスは毛先ではなく、毛の根元に塗ります。

余計な毛にワックスが絡まないように空いている手でカバーしながら、毛の根元に薄く均一に塗ります。

塗り終えるときは、横に逃がすようにするとワックスを切りやすいです。

20180912_angelica_beginner26_003

 

4、広範囲に塗らない

「ワックスを一度に広範囲に塗って剥がす」といった動画が出回ることがありますが、こういった動画はわざと痛みを増すような動作で脱毛しているので、これをマネすると当然痛いです。

ブラジリアンワックスは、1センチから3センチ四方くらいを目安に少しずつ脱毛します。

特にVIOは、ごく小さい範囲でコツコツと脱毛していきましょう。

20180912_angelica_beginner26_004

 

5、皮膚をしっかりとおさえる

シートを剥がすときは、皮膚が付いていかないように空いている手でしっかりとおさえましょう。

シートを剥がす向きとは逆方向に押し伸ばすようなイメージでおさえます。

20180912_angelica_beginner26_005

 

6、思い切って剥がす!

正しい向きにワックスを塗り、正しい向きに皮膚をおさえたら、ひるまず一気に剥がしましょう。

ワックスを塗ってから時間をおいてしまうと、体温でワックスがゆるくなってしまいます。

「ピリピリ…」というイメージではなく、「パンッ!」と音が鳴るようなイメージで、思い切って剥がします。

20180912_angelica_beginner26_006

 

7、ヒリヒリしてきたら休憩&クーリング

ブラジリアンワックス脱毛の途中で、赤みやヒリヒリ感が出たり、微量の出血をすることがあります。

これらは脱毛時に皮膚に刺激が加わったことによる通常の変化ですが、無理をせず、一度休憩&クーリングをしましょう。

水で濡らしたタオルを脱毛個所に当てるだけでも良いですし、保冷剤をタオルにくるんで当てるのも良いです。

20180912_angelica_beginner26_007

 

正しく行えば、誰でもブラジリアンワックスはできる!


これらのコツをマスターし、正しい動作で行えば、ブラジリアンワックス脱毛は誰でもできるようになります。

最初は脚などのやりやすい箇所で、動作の練習をするのがおススメです!

 

 【関連記事】

【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る