【VIO脱毛の痛み】正直、ブラジリアンワックスは痛いのか!?

20190620column20_catch

ブラジリアンワックス脱毛が初めての人にとって最大の懸念事項が、「痛み」。ブラジリアンワックスに関する多くのコンテンツでこの「痛み」が強調されていて、「罰ゲーム」として扱われることまであって残念です…。

ブラジリアンワックスは欧米やアラブ地域ではティーンの女の子も使用しており、誰にでもできる脱毛方法です。この記事では、ブラジリアンワックスの痛みについての「正直な話」、そして痛みを軽減させて上手に脱毛する方法を紹介します。

  1. ブラジリアンワックス脱毛とは
  2. ブラジリアンワックスは痛いのか
  3. レーザー脱毛の痛みとはどう違う?
  4. ブラジリアンワックスの痛みは軽減できる
  5. 痛みの原因になるブラジリアンワックスの「失敗例」
  6. 不安な人はサロンへ

 

1、ブラジリアンワックスとは

ブラジリアンワックスとは、はちみつをベースにした脱毛用のワックスを使った脱毛方法。VIO(デリケートゾーン)をはじめ、脚や背中など、首から下ならどこでも脱毛することができます。ムダ毛を毛根からスッポリと抜き去るので、その場ですぐに効果を実感できるのが大きなメリットです。

ブラジリアンワックスのやり方はとてもシンプル。脱毛用のワックスを肌に塗り、「ストリップス」と呼ばれるシートをそこに貼り付け、剝がすだけです。

 

2、ブラジリアンワックスは痛いのか

ムダ毛を毛根から抜くので、無痛とはいかないのが正直なところです。

レーザー脱毛など他の脱毛方法も痛みを伴うように、ブラジリアンワックスも多少なりとも痛みを伴います。

 

3、レーザー脱毛の痛みとはどう違う?

レーザー脱毛は、レーザーの熱が毛のメラニン色素(黒色)を伝って、毛が伸びる機能を破壊する脱毛方法です。そのため、レーザー脱毛の痛みは「やけど」の感覚に近いです。「痛い」というより「熱い」と感じる人もいます。

一方でブラジリアンワックスは、毛を引き抜く脱毛方法です。そのため、ブラジリアンワックス脱毛の痛みはシンプルに「毛を引っこ抜かれる」感覚です。自分の肌がマジックテープのモヘア側になって、反対側のテープを剥がされるような感じです。

レーザー脱毛のレーザー照射も、ブラジリアンワックスのシートを剥がす動作も、一回一回は一瞬です。ずっと痛いのではなく、「ちょっと痛い」という動作を繰り返して脱毛を進めていくイメージです。

20190906ecbanner002

 

4、ブラジリアンワックス脱毛の痛みは軽減できる!?

201703merit-demerit03_005

ブラジリアンワックスの痛みは、脱毛のやり方次第で軽減することができます

サロンで脱毛する場合はプロが痛みを最小限にするように脱毛してくれますが、ブラジリアンワックスは自分でセルフ脱毛をすることもできます。しかし自分で脱毛する場合、まだコツを掴んでいない頃は痛みが強く出てしまうこともあるかもしれません。

まず脱毛ワックスを買う時には、購入後のサポート体制がしっかり整っているか確認しましょう。詳しい説明書が付いていたり、電話などで質問ができるブランドを選ぶことが大事です。

ブラジリアンワックスは、コツを掴めば誰でも脱毛することができます。上手に脱毛できるようになってくると、むしろ「気持ち良い」と感じることもあります。

ブラジリアンワックス脱毛の「激痛」を減らす7つのテクニック

「ブラジリアンワックスは痛い!」と言われますが、コツをつかめば誰でも上手に脱毛することができます。ブラジリアンワックス脱毛の「激痛」を減らす7つのテクニックとは!?

 

5、「ブラジリアンワックスは痛い!」と思っている人が陥っている「失敗」とは

ブラジリアンワックス失敗の原因①脱毛箇所が濡れている

ブラジリアンワックスを行う前は、肌に汚れやボディクリームが残らないよう、脱毛箇所を洗います。

その後、しっかりと肌の水分を取ることが大切。水分が肌に残っていると、ワックスの密着性が弱まってしまい、滑ってヘアが抜けません。

シャワーの水分はもちろん、脱毛中の汗にも注意が必要です。少し滑ってきたな、と感じたら、タオルドライをするか、ベビーパウダーを塗るなどして肌を乾かしましょう。

201706_column20_002

 

ブラジリアンワックス失敗の原因②ワックスがゆるい

脱毛ワックスにはハチミツを使用している事が多く、無添加の製品であるほど保存環境によってワックスの固さが変化します。固さが変化することで品質が落ちることはないのですが、ワックスの固さによって脱毛時の粘着度が変わります。

脱毛ワックスは、冷やせば固くなり、温めればゆるくなります

冬に寒い部屋に置いておけば固まり、夏に暑い部屋に置いておけばゆるくなります。また、冬でもホットカーペットの上に置いておくとゆるくなりますし、夏に冷房が入った部屋に置いておくと固まります。

201706_column20_003

ワックスは周囲の温度に敏感ですので、脱毛をする時はちょうど良い固さに調整する必要があります。脱毛時にちょうどいいワックスの固さは、「少し固め」。かき混ぜた時に手ごたえがあるくらいです。

「抜けない」という時は、ワックスがゆるすぎる可能性があります。保冷剤を下に置くなどしてワックスを少し固めてみましょう。再度使う前は、容器の底からワックスをよくかき混ぜてから使います。

また、長い時間ワックスを肌に乗せていると、体温でどんどんワックスがゆるくなります。ブラジリアンワックスに使う「シュガーワックス」は、ワックスを固めて剥がすタイプではなく、ワックスの粘着性を利用した脱毛方法です。肌に塗ったらすぐにストリップスを貼り、できるだけ早く剥がしましょう。

 

ブラジリアンワックス失敗の原因③ヘアの長さが適切でない

ブラジリアンワックスはレーザー脱毛と違い、ヘアを伸ばさなければ行うことができません。ヘアの長さの目安は、2~3cm(親指の第一関節くらい)。芋掘りの時にツルがなければ芋が抜けないように、ブラジリアンワックスも「持ち手」がなければヘアが抜けないのです。

「うっかり剃ってしまった」「脱毛したばかりで、長さが足りない」という時は、しばらく伸ばす必要があります。サロンでブラジリアンワックスを行う場合は、「伸ばしっ放し」で行きましょう。

一方でセルフ脱毛をする場合、ヘアが長すぎることで起こる問題も。ワックスをヘアに塗る時にヘアが絡まってしまうのです。アンダーヘアの場合は特に長く伸びていることがあります。「親指の第一関節」よりも長い場合は、ハサミでカットしてから行うと楽です。

201706_column20_004

 

ブラジリアンワックス失敗の原因④剥がす方向が違う

ワックス脱毛では、3つのステップで「方向」に注意しなければなりません。

  1. 脱毛箇所のヘアがどちら向きに生えているかを確認
  2. ヘアが生えている方向へ毛根からワックスを塗り、ストリップスを貼って密着させる
  3. 先ほどとは逆方向にストリップスを剥がす

201706_column20_005

この方向を間違えてしまうと、上手に抜くことができません。OラインやIラインなどヘアの向きが一定でない部位では、一方向でうまくいかなかった時は逆方向からも試してみましょう。

 

ブラジリアンワックス失敗の原因⑤皮膚が付いてきている

「すごく痛かったのに全然抜けてない」「毛穴から出血してしまった」という方に多いのが、「押さえ不足」。ワックスの粘着力は強いので、そのまま剥がそうとするとムダ毛と一緒に皮膚も付いてきてしまいます。

脱毛箇所の皮膚を、ストリップスを剥がす方向とは逆方向にしっかりと押さえましょう。こうすることで、皮膚が一緒に引っぱられるのを防ぎ、キレイに脱毛をすることができます。

201706_column20_006

201706_column20_007

脱毛時は、脱毛箇所の皮膚をピーンとできる限り張ることが大切。毛穴付近の皮膚をしっかりと張って、ムダ毛を外に押し出してあげるイメージです。空いている手で押さえるのはもちろん、体勢を変えたりして皮膚を張れるよう工夫することが大事です。

 

201706_column20_008

 

ブラジリアンワックス失敗の原因⑥勢い不足

「痛いかも」「怖い」とためらっている間に、ワックスは体温でどんどんゆるくなってしまいます。正しい塗り方で正しい方向に引っ張れば大丈夫!ためらわずに一気に剥がすことが大切です。

ストリップスを剥がすときは、しっかりと持ち手をめくり、肌から垂直に離れる方向に引くのではなく、肌の上を滑らせるように(肌と平行に)剥がしましょう。

201706_column20_009

とはいえ最初は怖いと思うので、必ず脚などで練習してみてください。

 

ブラジリアンワックス失敗の原因⑦~根元から塗れていない~

ワックスを塗る時は、毛の根元から塗ることが大切。毛先に塗る必要はありません。毛先にばかりワックスが付いていると、毛先が引っぱられるだけで抜けないばかりか、痛みが出ることもあります。

毛の根元にしっかりワックスを塗るには、ムダ毛が生えているエリアの端から行うとやりやすいです。慌てずに少しずつ脱毛を進めていくことが大事です。

201706_column20_010

 

ブラジリアンワックス失敗の原因⑧ ~一度に広範囲を脱毛している~

ブラジリアンワックスは、一度に全てのムダ毛を除去する脱毛方法ではありません。約1cm×2cmくらいずつ、少しずつムダ毛を抜いて行く方法です。

一度に広範囲にワックスを塗ると、ヘアが抜けないだけではなく肌を傷める原因にもなります。最初は「2~3本抜ければ良いかな」という気持ちで、少しずつ脱毛を行いましょう。VIOの脱毛の時は、ストリップスを半分に切って使うと使いやすいです。

慌てずにゆっくりと行い、脱毛を繰り返す中で肌がヒリヒリしてきた場合は一度休んで肌を休める&クーリングを行うなどして、ゆっくりと脱毛を行いましょう。

201706_column20_011

 

6、不安な人は、まずサロンへ

20171212_beginner13_003

さて、これらのチェックポイントを全ておさえ、「それでもうまくできない」と言う方はサロンへ行くのがおすすめです。

まずはサロンでブラジリアンワックスがどんなものかを体験したり、セルフで上手にできないポイントについて質問してみるのも良いかもしれません。技術面ではプロの施術に勝るものなし。VIOのブラジリアンワックスデビューはまずサロンで、というのも賢い選択です。

 

【関連記事】

20190626_basic_banner20190626_v_banner20190626_i_banner20190626_0_banner
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る