【ブラジリアンワックス】室温40度越え!脱毛ワックスは、夏でも「常温保存」で大丈夫?

column33_catch

屋外から家に帰ると、部屋がサウナのようで外よりも暑い!

水槽は金魚が茹だってしまうような水温……。観葉植物たちもぐったり……。机の上に放置していたお茶がホットになっている……。

連日の熱波で、エアコンを入れていない室温は40度を超えることも少なくありません。

普段「常温保存」しているものも、「本当に部屋に置いておいて大丈夫なの!?」と思ってしまいます。特に食品や薬品など、温度にデリケートなものは40度を超える室内に放置するのがためらわれますよね。

 

「常温」とは、5~35度のこと!


column33_001

日本工業規格(JIS)では、「常温」とは「20度を中心にして、プラスマイナス15度」、つまり「5~35度」としています。

その範囲を出てしまった場合は、常温とは言えない、ということになります。

 

脱毛ワックスは、真夏は冷蔵庫保管がベター!


column33_003

ブラジリアンワックスに使用するワックスは、通常は冷蔵庫で保管する必要はなく、お風呂場など湿気の多い場所を避けて「常温保存」します。

しかし、外出時にエアコンを切るなどして室温が40度近くになるような場合は、冷蔵庫で保管するのがベターです。

高温になっても品質には問題ないのですが、暑さでワックスの水分量が変化し、伸びが悪くなる可能性もあります。

エアコンが入り続けている場所に置いている場合は、冷蔵庫ではなく室内での保管で大丈夫です。

 

冷蔵庫で保管していたワックスは、少し柔らかくして使って!


column33_002

脱毛ワックスは、温めるとゆるくなり、冷やすと固くなります

添加物の入っていないワックスほど、保管している温度によって固さが変化します。

最も脱毛しやすいワックスの状態は、「少し固め」。ゆるすぎると、ワックスを塗りやすいですが粘着力が弱まり、ヘアが抜けない可能性があります。固すぎると、粘着力は強まりますが、すくいづらかったり、塗るときに痛かったりします。

冷蔵庫で保管したワックスは、スパチュラではすくえないくらい固くなります。使用する時はしばらく室内に置いてワックスを温め、ゆるめてから使用しましょう。

すぐに使いたい場合は、ホッカイロを容器に当てたり、エアコンの入っていない室内に小時間置くなどすると良いです。

温度変化があっても、ワックスの品質には問題ありません。

 

分からないことがあったら、サポートLINEへ!


アンジェリカでは、ブラジリアンワックス脱毛に関するサポートを24時間体制で行っています。ご不安やご質問がありましたら、何でもお尋ねください!

support_line

※サポートのお返事・スタンププレゼントともに自動ではなく、手動です。24時間以内に返信いたしますので、ご連絡後はしばらくお待ちくださいませ。

お友達登録は、こちらのQRコードからどうぞ!画像を保存したのち、LINEを開いて読み取ってください。(ID登録はできません)

angelica_lineQR

 

【関連記事】
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る