知らないと脱毛効果に影響あり!レーザー脱毛とブラジリアンワックスの違い

20181004_column36_catch

レーザー脱毛とブラジリアンワックスには、どのような違いがあるのでしょう。

毛の仕組みや脱毛方法の違いをしっかりと理解していないと、せっかく脱毛しても効果が出ないことも!?

 

「毛」の仕組み


まずは、「毛」の仕組みから見てみましょう。

20180803column35_003

私たちの目に見える「毛」は、毛穴から外に出ている「毛幹」の部分です。

その下には、「毛根」と呼ばれる根っこが隠れています。

毛を生やす命令を出しているのが、「毛乳頭」という部分です。

「毛細血管」から「毛乳頭」へ栄養が運ばれ、周りの「毛母細胞」がその栄養をもらって細胞分裂し、毛を作ります。

つまり、毛を作るためには「毛乳頭」と「毛母細胞」が必要なのです。

 

「永久脱毛」とは何か


「永久脱毛」とは、毛を再生する機能(毛乳頭と毛母細胞)が破壊され、基本的にはもう毛が生えてこない状態にすることを言います。

(ホルモンバランスの変化や時期経過に伴って、再生する可能性があるので、絶対にもう生えてこないとは言えません)

レーザー脱毛は永久脱毛で、ブラジリアンワックス脱毛は永久脱毛ではありません。

この二つの違いは、先ほどの「毛乳頭」と「毛母細胞」に対してどのような処置を行って脱毛するか、という点です。

 

レーザー脱毛の仕組み


レーザー脱毛は、レーザーが黒いものに反応する性質を利用して脱毛します。(毛の色が薄い人や産毛などの色素が薄い毛には反応しません。)

レーザー脱毛は、ーザーの熱が毛の黒い部分を通って毛乳頭」と「毛母細胞」を破壊することで脱毛を行います。

 

◆脱毛前は、剃毛をする

皮膚の表面に毛が出ているとレーザーの熱でやけどをしてしまうので、直前に剃毛を行って毛根の部分だけを残した状態で脱毛します。

 

◆ダメージを受けた毛は、その後自然に抜け落ちる

ダメージを受けた毛はその場ではすぐに抜けず、数週間かけて自然に抜け落ちていきます。

 

◆全ての毛を永久脱毛するには、5回以上のレーザー照射を行う

毛には「毛周期」があり、一定の期間で自然に生え変わっています。毛の中には「毛乳頭」や「毛母細胞」からすでに離れてしまっている毛もあるため、一度のレーザー照射ですべての毛を脱毛することはできません。

全ての毛をレーザー脱毛するには、5回以上のレーザー照射をする必要があります。

 

20180803column35_002

 

ブラジリアンワックス脱毛の仕組み


ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスを「毛幹」部分に絡ませて「芋掘り」のように毛を抜く方法です。

「毛乳頭」や「毛母細胞」はそのまま残るので、毛を再生する機能を破壊する処置ではありません。しばらくするとまた「毛母細胞」が毛を作ります。

 

◆脱毛前は、2センチほど毛を伸ばす

ブラジリアンワックスを行うためには、「持ち手」となる部分が必要なので毛を伸ばして行います。

最も脱毛しやすいのは、2~3センチです。短すぎると、ワックスが毛に絡まず脱毛できません。

 

◆全ての毛を一回で脱毛できるが、また生えてくる

ブラジリアンワックスは、その場で全ての毛をツルツルに脱毛することができます。

その状態は二週間ほど続き(個人差あり)、その後徐々に次の毛が生えてきます。

 

20180803column35_001

 

レーザー脱毛とブラジリアンワックスを併用するのはOK?


レーザー脱毛もブラジリアンワックス脱毛も、それぞれに特徴があります。

これらの特徴を上手に利用すれば、自分が希望するヘアの状態を維持することができます。

基本的にレーザー脱毛もブラジリアンワックス脱毛の併用はOKですが、どちらも肌に刺激が加わるので、しっかりと期間を空けて肌の状態を見ながら行うことが必須です。

 

レーザー脱毛とブラジリアンワックスを併用する場合の注意点


◆ブラジリアンワックスをしてからレーザー脱毛をする場合

ブラジリアンワックスは、レーザー脱毛に必要な「黒い部分」を全て抜き去ります。

レーザーの熱は毛の黒い部分を伝って毛の根元にある部分を破壊するので、毛穴の中に毛が残っていないとレーザーの熱が届かず、効果がありません。

レーザー脱毛前には剃毛を行うので、剃毛後とブラジリアンワックス脱毛後の見た目は似ている状態かもしれませんが、レーザー脱毛前は「伸びた毛を剃毛した状態」にしてからサロンに行く必要があります。

ブラジリアンワックスをした後、毛が伸びるまでに必要な期間は約一か月半。

肌を落ち着かせるためにも、レーザーを当てるのは約一か月半ほど間を空けてください。

 

◆レーザー脱毛をしてからブラジリアンワックスをする場合

「レーザー脱毛で毛量を減らしてから、ブラジリアンワックス脱毛で好きな時にツルツルにし、好きな時に生やす」という選択は、とても賢いと思います。

ブラジリアンワックスをするには毛を伸ばす必要がありますし、肌を落ち着かせるためにも、こちらもレーザー脱毛後約一か月半ほど間を空ける必要があります。

 

脱毛方法の違いをしっかり理解して、理想の肌に!


レーザー脱毛もブラジリアンワックスも、それぞれに特徴があり、メリットがあります。

違いを理解して賢く脱毛方法をチョイスすることが、脱毛の効果を高め、理想の肌を手に入れる近道です!

 

 【関連記事】

「ブラジリアンワックス脱毛で毛が薄くなる」は嘘?それとも本当?
【レーザー脱毛】ブラジリアンワックスと医療脱毛の併用ってどうなの!?
【効果】ブラジリアンワックス脱毛はどれくらい持続するの?
【保存版】セルフのブラジリアンワックス脱毛が上手にできない7つの原因
【Iラインの脱毛】難関!Iラインのブラジリアンワックスで失敗しないコツ
【Oラインの脱毛】ブラジリアンワックスでお尻のセルフ脱毛をしよう!
【Vラインの形】ブラジリアンワックス脱毛のヘアカタログ6選
【痛み】正直に教えて!ブラジリアンワックスって、ぶっちゃけ痛い?
【埋没毛】ワックス脱毛の代表的なトラブルを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る